• JR、千代田線、舎人ライナー、西日暮里駅から徒歩3分ほどで動物病院「動物・野澤クリニック」はあります。クリニック入口にある猫のブロンズ像は朝倉文夫の猫百態をモチーフにした作品です。診察時間案内の看板は犬をレリーフにした信楽焼きの作品です。ハムスターも信楽焼きです。鉄の格子とレリーフは芸大鋳金家で制作していただいた作品。屋外水場の蛇口は野鳥のモチーフです。

  • 診察室ではペットの様子を飼い主からお話しという形の問診に重点をおいています。ペットの環境と様態が包括的に診ることが出来るからです。ペットの人格を尊重し、ペット自身の心的負担のかからない治療を心がけております。それと同時に飼い主のカウンセリングも心がけるようにしております。
  •  
  • 検査では採血やレントゲン等迅速に行っております。治療は一般的に対応しておりますが専門性を必要とする症例には、直ちに大学などの二次診療を勧めさせていただきます。

(社)東京都獣医師会野生動物対策委員会副委員長を務める院長は、小笠原諸島の野ネコ対策事業に協力しています。現在までに600頭を越す野ネコが島外へ搬送され、新たな飼い主の元で暮らしております。この間に小笠原諸島は世界自然遺産にも登録されました。